BTOパソコン選びの注意点を紹介!

まずはパソコンにOS搭載されているかをチェック

実はBTOメーカーによってOS搭載、非搭載はオプションから選択するケースがあります。知らずにそのまま注文をしてしまうとOS非搭載モデルになり自分でWindowsOSをインストールしなくてはいけない状況に…これでは手間とコストがかかりますよね。なのでBTOパソコンを検討している時は必ずOSが搭載されているかを確認するようにしましょう。

 

例えば自分でOSソフトを持っておりコスト削減のために非搭載にするなら良いです。しかし、大半はOS込みでパソコンを考えている人が多いはず。必ずパソコンスペックを確認してどのWindowsOSが搭載されているかを確認するようにしましょう。

本体以外の付属品を確認

これもBTOメーカーによりますがキーボード、マウスが付属しているのか…モニター付属なのかを確認します。大半のBTOショップではモニターは別売りです。本体以外に付属される周辺機器と言うのはキーボード、マウスです。あと注意したいのがDVDドライブ。ディスクからアプリ等をインストールする予定の方は光学ドライブが標準搭載されているかもチェックポイントです。

 

BTOパソコンによっては周辺機器に加えて光学ドライブもオプションから追加して別料金となるケースもあります。コスパを求めるなら標準構成で周辺機器、DVDドライブ搭載のパソコンを選ぶようにした方がお得になります。

筐体サイズをチェック

BTOゲームPCを購入した人に多いですがBTOパソコンというのは拡張性が高いパソコンのため筐体が大きいです。そのため寸法を確認していないと届いた時に設置スペースが足りない…なんてことが起こり得る可能性もあります。

 

BTOでは設置スペースに合わせてスリム〜フルタワーサイズまで準備されていますが筐体サイズによって搭載できるパーツも変わってきます。まずは自分がパソコン本体を置くスペースを事前に測っておいて記載事項で筐体サイズと設置スペースを比較して置けるのかを確認しましょう。せっかく良いPCを購入しても設置ができない…なんて人もたまにいるようですよ。