ゲームPCは拡張性を考慮したモデルを選べ!

拡張性の高いミドルタワーがゲームPCはおすすめ!

BTOでゲーミングPCを購入するメリットは注文時に自分の好きなパーツを搭載できたりカスタマイズできることだけではありません。BTOパソコンは自作PC規格で組み立てが行われているのでパーツショップ等で買ってきたPCパーツを後から自分で組み込むこともできます。

 

ただ注意したいのが筐体サイズです。
ケースの大きさによって将来的な拡張性の視野が決まってしまいます。購入した当初は満足していたスペックも時が経つに連れて最新ゲームの推奨スペックに追い付かなくなる時もあります。その都度、パソコンを買い換えするのは金銭的にも大変です。

 

なので最新パーツに取り替えた方が良いものだけを交換して長く持たせるのがコスパの良いゲーミングPCの取り扱い方になります。その時にスリム、コンパクト、ミニタワーだと拡張性が少なく交換したいパーツに変更できない可能性もあります。しかしミドルタワーならまずどんなパーツも搭載させることができます。

 

しかも内部スペースが広いので配線やパーツ交換がしやすいといったメリットがあります。ミドルタワーケースのPCは筐体が大きく感じると思いますがBTOパソコンの寸法を測って配置できるのであればスリムPCよりも絶対にミドルタワークラスのゲームPCにしたほうが将来的な拡張時に後悔をしません。

 

ミドルタワー型の方が排熱処理に優れている

ゲーミングPCには負荷の高い処理をするためCPU、グラフィックボードが発熱します。熱を逃がすためにCPUクーラーであったり、グラボにファンがついていたりします。そしてもう一つ大切なのがエアフローです。

 

風の通り道のようなものでスペースは広い方が風も抜けやすくなります。ですからコンパクト、ミニタワーのように内部スペースがないパソコンは熱が篭りやすいといったデメリットがあります。その点、ミドルタワー型は内部スペースの広さは十分。安定的に風の通り道を作ってCPU、グラボから処理した熱を外に吐き出します。熱風がこもることが少ないんですね。

 

パソコンの筐体は様々な要因に合わせてサイズがラインナップされています。しかしゲームPCにおいては小さいモデルよりも大きなモデルの方が拡張性、冷却性といった面でも性能が高いです。できるだけミドルタワー型のゲームPCを選んだ方がトラブルが少なく将来的に後悔しない買い物になります。覚えておいてください。