BTOパソコンが優れている理由

自由度の高さがウリであるBTOパソコン

PCの自由度とはパーツをカスタマイズできたり購入後に自分でパーツ交換、グレードアップがなどができることです。この自由度の高いパソコンはBTOパソコン、自作パソコンのどちらかです。そしてこれ以外にBTOパソコンでは多くのメリットがあります。それらをこれから解説していきます。

 

まず自作と同様に組み合わせが多く簡単にハイスペックパソコンを作ることができます。そして相性の悪いパーツ同士は最初から選択ができないようになっていたり警告が出るため初心者の方であっても間違えずに自分の好きなパーツを選ぶことができるようになっています。特に最初から完成品で販売されているメーカー製PCとは一目瞭然で自由度が高いです。

 

BTOパソコンでカスタマイズができる項目といえばハードディスク、グラフィックカード、CPU、メモリ、OSなどです。また性能に関係ないパーツもカスタマイズができたりします。例えばCPUクーラー、グリスなどもBTOメーカーによってはカスタマイズ項目に含まれています。

 

何よりコストを安く抑えることができる!

BTOを選ぶ人が良く言う言葉にハイスペックなのに安かったからBTOを選んだ!といった人が多いです。そのとおりでBTOパソコンはメーカー製PCと違いかかる必要が安くなっています。

 

その理由は多くありますが第一は中間業者がいないことが挙げられます。BTOパソコンは販売者と製造者が同じです。ですから中間マージンを取られることがなく安く提供をすることができます。またBTOはPCパーツショップが運営しているため各PCパーツを非常に安く仕入れています。これも本体価格を安くする要因になっています。

 

よくBTOパソコンはメーカー製PCと価格の比較をされますが実は自作PCよりも安い場合もあります。大量に仕入れたパーツによって原価を抑えることができるのでスペックや使うパーツによっては自作よりもコストが安くPCを手に入れることができます。